※本事例に関するお問い合わせは、弊社までお願い致します。(原歯科様への直接のお問い合わせは受け付けしておりません。ご了承ください)
患者第一主義を実践するO.S.Iとは?
医療人として常に患者と平等であり、同じ目線であること――。1979年に愛知県長久手町で原歯科を開業した原正幸医師は、そんな“真の患者第一主義”をながらく貫いてきたインプラント業界における第一人者のひとりである。

業界全体を見つめながら、「最善の治療を通じて患者や社会に貢献していきたい」という原院長は、患者の検査管理やインフォームド・コンセントにもはやくから着目してきた。20年ほど前には歯科診断書のソフトウェア『Dental X』も独自に開発し、現在、全国で数多くの歯科医に使用されている。また、『ASTRA TECH IMPLANT』を採用し、その高い信頼性を数々の症例で提示してきたほか、関連著書も数多く執筆するなど、幅広い活動を行ってきた。

そして1998年には、インプラントの世界的権威として知られるスウェーデンのDr.ラース・クリスターソン(Lars Kristerson)を最高顧問に招き「O.S.I(オッセオ スカルップインスティテュート)」を設立した。同センターは、ペリオと咬合はもとより、顎口腔系の機能回復を目的とするインプラント本来の治療術を伝えるため、歯科医を対象に受講者参加型の総合的な研修プログラムなどを手がける団体だ。
 
変革への願いが専門ホームページ制作に
エンパワーヘルスケアから「マイクリニック」の提案があった当初は、原歯科としてすでにホームページを持っており、新しいサイト制作の必要性は感じていなかったという。それでも、「患者様に信頼される“21世紀型の歯科医院”を目指して、歯科業界を良い方向に導く一助になりたい」と願う原院長と、「正しい医療情報を広く提供できるホームページを」と提案するエンパワーヘルスケアには共通点が多かった。それが、「O.S.I.名古屋インプラントセンター」としての新しいホームページ制作のきっかけだ。

現在、とくにインプラント治療では失敗を隠す医師も多いという。しかし、実際には診療の失敗から訴訟に発展するケースも少なくない。新しいホームページでは、そういった背景からうまれる歯科医への不信感をなくすため、誇大な宣伝をせずに患者との信頼関係を築けるようなサイト作りが重要視された。技術的なことだけではなく、同センターの考え方もわかりやすく伝えながら、「患者様と対等の目線でコミュニケーションを取れるようなホームページ」を目指していったのだ。
 
患者との信頼を築く充実した情報を
新しいホームページでは、まず、歯科医向けに最先端の診療技術や知識、あるいは専門性などを、見る人にわかりやすくアピールできるようなデザインがひとつの課題だった。そのため、研修コースの案内や活動報告といった同センター独自の最新情報をひと目で案内できるようにするべく、コンテンツの更新情報をトップページ上で効果的に掲載している。

もちろん、「歯科医だけではなく、患者さまもご活用いただけるホームページであること」という条件は外せない。トップページ左側には、一般患者のための豊富なメニューを用意して、インプラントに対する基礎知識や症例を詳しく掲載している。その際、「患者様の認識と歯科医の認識で食い違いがあってはいけません。同業者や専門家を含めて皆様に正しく評価していただきたいので、他院での失敗例を含めて、できる限り公正な視点で情報を開示したいと思っていました」という原医師。治療例の紹介ページでは、出血箇所や患部の写真といった一般的でない写真もあえて掲載することで、情報の信頼性を高める結果につなげている。
 
歯科医のアクセス増など着実な成果が
そうして完成したホームページの開設は4月末。現在はすでに数多くのアクセスがあるという。とくに歯科医からのアクセス、あるいは直接医院名で検索してくる人々が目立つそうだ。今後の歯科業界への思いが詰まった新しいかたちのホームページ。これからは、患者とのコミュニケーション能力を高めるような仕組みやカリキュラムを作りあげていくことも、患者の期待に応えるため、ひいては歯科医の信頼を高めるための大切な条件になると考えている。

同センターでは今後、研修活動だけでなく学術的な活動も行っていきたいという。そのためにもエンパワーヘルスケアが果たす役割は大きい。「歯科業界も収入格差のある世界になってきましたので、互いにしのぎを削っていかなければいけません。その上でもホームページは正しい情報を発信するとても良い媒体といえますね。これからも嘘いつわりのない、ありのままの情報が満載されたホームページを、エンパワーヘルスケアさんとご一緒に作っていきたいと思います」。
マイクリニック導入スケジュール
導入前…「O.S.I」独自のホームページ制作というご提案に共感
2007年1月中旬…ご契約
2007年2月中旬…ホームページ制作開始
2007年4月末…ホームページ公開
2007年5月以降…歯科医からのアクセスなどが増加
カスタマーサポート担当者に聞く!
早く正確な情報を心掛けています。
最初にホームページの内容を拝見したときに、他の歯科医院のホームページとはコンセプトが違うという印象を受けました。なぜなら患者様向けだけでなく、歯科医師の方へ発信するようなセミナーの日程や活動報告が盛り込まれていたからです。引継ぎ時に院長先生とお話をさせていただき、ホームページをどのように活用していきたいかというお考えをうかがいました。すると、医院が掲げる「患者第一主義」の一環として、症例の成功数だけでなく失敗事例も開示すること、そして、歯科医療向上のために歯科医向けセミナーの開催日程などを提示するといった意向を教えていただきました。こういった情報の提供では、なにしろ「早く」「正確に」伝える点が重要です。院長先生の活動を少しでもお手伝いできるよう、修正や更新を迅速に行うよう心がけております。
些細なことで構いません。まずはお問合わせください。
 
お問合わせ・資料請求はこちらから
お電話でのお問合わせ 0120-060-922
インターネットでのお問合わせ お問合わせフォームへ
資料請求 資料請求フォームへ
ページのトップへ